能登紀行その一

朝の飛行機で行ったため
開演18時までには随分時間がありましたので

無名塾の演出家であり
われらの仲人の別荘にお邪魔しました

画像器用でこだわりの方の別荘ですから
土壁・・・自分でこねて、竹編んで自ら左官屋
天井の梁も見事

そしてなんと言っても
庭先に広がる海・・・
庭先ですよ、目の前
コタツに入りながら静かにきらめくこの海が目に入ってくる・・・心地よい波の音
別荘だあ~~~~感動~~~
画像
















そしていよいよ楽屋にお邪魔
わ~い仲代さん元気そうでした

わいわい楽しい雑談
私はもう退塾しているけれど
師匠は師匠
会うだけで涙がこぼれそうになるほど
嬉しいのです


そして観劇・・・

大スペクタクルにのみこまれました
仲代オーラはやはり凄かった
若村麻由美さんも綺麗だった

テンション上がったまま
いつもお世話になっている飲み屋さんで
キャストの方々、地元の方々も集って
日にちまたいで話まくり笑って笑いました

皆に会えて素直に本当に幸せでした

画像

この記事へのコメント

maricco
2009年11月07日 12:40
お二人の訪問、林さん嬉しかったことでしょう
宵闇の中、海に面した素通しガラス越しに
外から見ただけでしたが
机のスタンドがレトロ色にライトアップ
主人の帰りを待つお部屋、素敵でした

この公演
麻由美さんからTELで依頼受け
衣装も見ずに創作した
レディー・マクベスの髪飾り
ご本人も震えが来たほど衣装にピッタシ
それも初日直前に・・・・
恭子さんの見えない糸を感じています

馬が走り回る借景をバックに
ひとり舞台に立つ仲代さんの存在は
大きくて、凄かった
麻由美レディー・マクベスの確立
魔女もよかった

仲代夫妻が蒔いた種はそこかしこで
確実に成長しています
夫妻が無名塾を始めたことに
間違いは無かった・・・実感しています
akama
2009年11月14日 01:04
mariccoさん>無名塾を始めたこと、能登半島で合宿した事・・・すべて私達に蒔かれた種
私達は、みんなそれぞれの場所で育っていると私は信じてます

この記事へのトラックバック