久々に涙が止まらない

春との旅
ギリギリセーフ!やっと観ました
我が師匠、仲代さん主演です

私情も相まってか
最初っから、最後の最後まで涙が止まらず

もちろん4人の兄弟とのシーン、春と父のシーン全てに胸が詰まったのだけれど

20年前に出会った仲代さんが
今、歳をとりスクリーンの中にいる・・・
その上ストーリーの感動もあって
嗚咽こらえるの苦しかった

人生って…
家族って…
深く思いを馳せた2時間でした

思わず仲代さんに電話しちゃいました…………
電話の切り際に
『役者続けろよ』

って言われて
道端で人目構わず泣きました

その言葉しかと抱きしめてがんばるっっっ

この記事へのコメント

maricco
2010年06月24日 09:26
見ましたぁ~
同感!!同感!!
なんと、衝動行動まで一緒!!
私は、お手紙にしましたが

重い題材にもかかわらず明るさの潜んだ映画
足の不自由な老人とがに股の少女の動きなどなど
チャップリンの世界を見るような・・・
奥行きのある映画でした
悲しいから泣くのではなく、笑おうとする
仲代さんの演技 じ~んとするのです
脳が勝手に涙を流し、頬をぬらしました
家族とのシチュエーションもそれぞれが
無駄なく、丁寧に描かれており
本、役者、凄い!!
淡島千景さんとのシ~ンは
昭和30年代の空気が
画面から流れているようでした
語りつくせないよぉ~!!
akama
2010年06月24日 10:37
mariccoさん>あはは~~~やっぱり!!!
私達が塾にいたら、仲代さん捕まえて興奮して感動伝えるでしょうね~~
「うるさいね~君たち」とか言われたりして(笑)

本当に見ごたえのある映画でした!!
語りたいわ~~!!!

この記事へのトラックバック